亡くなられた方の銀行口座について

銀行のお手続をする際は、まずお口座をお持ちの支店に、亡くなられたことを連絡しましょう。

亡くなったことを銀行に連絡した時点で
口座が凍結されます。
“亡くなられた方の銀行口座について”の詳細は »

相続登記はどんな費用がかかるのだろう

固定資産税の納税通知書に記載されている「評価額」で登録免許税を算出します

亡くなられた方が不動産をお持ちだった場合、相続登記が必要となります。まず、選択肢としてご自身でされるか、もしくは司法書士に頼むかによってかかる費用は変わってきます。
“相続登記はどんな費用がかかるのだろう”の詳細は »

死亡保険金のお手続きについて

相続の手続きで、死亡保険金の請求をお手伝いさせていただくことも多いのですが、各保険会社によって提出しなければならない書類が違いますので、必ず確認してください

みなさん、保険には入っていますか?保険といっても沢山の種類がありますよね。
“死亡保険金のお手続きについて”の詳細は »

特別代理人の選任について

親権者とその子とが利益相反の場合は特別代理人を選任しなければなりません。

親権者である父又は母が,その子との間でお互いに利益が相反する行為(これを「利益相反行為」といいます。)をするには,子のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければなりません。
“特別代理人の選任について”の詳細は »

相続税における基礎控除額をきちんと理解する

被相続人に養子がいる場合は、法定相続人の数に含めることができます。

相続税における基礎控除額は、次の計算式で算出されます。

基礎控除額
= 5,000万円 + ( 1,000万円 × 法定相続人の数 )
“相続税における基礎控除額をきちんと理解する”の詳細は »

相続における遺言執行者の義務

相続における受任者は委任の本旨に従い善良な管理者の注意をもって委任事務を処理する義務を負う

義務の内容
●相続における受任者の注意義務 ・・・・・
受任者は委任の本旨に従い善良な管理者の注意をもって委任事務を処理する義務を負う: 民法644条

●相続における受任者の報告義務・・・・ 受任者は委任者の請求があるときは
いつでも委任事務処理の状況を報告しまた委任終了の後は遅滞なく
その顛末を報告することを要する:民法645条

●相続における受任者の受取物引渡し等の義務・・・・
①受任者は委任事務を処理するに当たって受け取った金銭その他の物を委任者に引渡すことを要する
②受任者が委任者のために自己の名をもって取得した権利はこれを委任者に移転することを要する 民法646条
受任者の金銭消費の責任 受任者が委任者に引渡すべき金額またはその利益のために用いるべき金額を自己のために消費したときは、その消費した日以後の利息を支払うことを要する。なお損害があるときはその賠償の責任がある。

民法647条
●相続における受任者の費用償還請求権等
①受任者が委任事務を処理するのに必要と認めた費用を出したときは委任者に対してその費用及び支出の日以後におけるその利息の償還を請求することができる

②受任者が委任事務を処理するのに必要と認められる債務を負担したときは委任者をして自己に代わってその弁済をなさしめまたその債務が弁済期でないときは相当の担保を提供させることができる
③受任者が委任事務を処理するため自己に過失なく損害を受けたときは委任者に対してその賠償を請求することができる 

民法650条
遺言執行者への報酬
◆遺言執行者への報酬について
1 遺言者がその遺言に遺言執行者の報酬を定めたときは、
遺言書の定めによる(民法1018条1項但書)。
2 家庭裁判所が定めたときは、家庭裁判所が、相続財産の状況その他の事情によって遺言執行者の報酬を定めることができる(民法1018条1項本文)

相続の失踪宣告申立て手続き

相続でも7年以上不在者の行方がわからない場合は失踪宣告を申し立てると、不在者は死亡したものとみなされます。

7年以上不在者の行方がわからない場合は失踪宣告を申し立てると、不在者は死亡したものとみなされます。

家庭裁判所は、申立てを受けると必要な事実調査を行い、公示催告という公告手続を行います。
“相続の失踪宣告申立て手続き”の詳細は »

相続した財産の評価はその後重要になる

遺産分割の際には土地や建物は時価によって評価されます。

相続財産の評価には様々な基準があります。
相続財産には権利、物品、金銭、不動産などが
代表的ですが保証人の地位や立場なども財産に含まれます。

相続財産は一艇を超えた場合は相続税の課税額を
出すために評価が必要になります。
“相続した財産の評価はその後重要になる”の詳細は »

民法が相続で保護する遺言事項

民法では遺言には何を書いても自由ですが、その内容が遺言 として認められるという内容は限定されていますよ

民法では遺言には何を書いても自由ですが、その内容が遺言
として認められるという内容は次の種類に限定されています。

その1:遺贈や寄付行為の遺言者の遺産
(相続財産について)の処分事項(民法902条1項)・・・・生前の遺言可能
その2:推定相続人の廃除(民法893条2項)
または廃除取り消し(894条)・・・・生前の遺言可能

その3:法定相続分と違う遺産分けの相続分の指定や委託
(民法902条1項)・・・・生前の遺言可能

その4:遺産の分割方法の指定(908条)
その5:遺産分割の禁止・・・最長死後5年間分割を禁止できるもの

(民法908条)
その6:相続人相互の担保責任の指定(民法914条)
その7:遺言執行者の指定(民法1006条)・・・第3者でも可能
その8:民法の遺贈減殺方法と異なる方法の指定(1034条)
その9:認知(民法718条2項)
その10:未成年後見人の指定(民法839条)

項目別の箇条書きで表しますと
(1) 信託の設定 (信託法2条)
(2) 非嫡出子の認知 (民法781条2項)、
(3) 相続人の廃除又はその取消 (民法893条、 894条2項)
(4) 未成年後見人の指定(民法839条1項)
(5) 未成年後見監督人の指定 (民法848条)
(6) 財産の処分すなわち遺贈 (民法964条、 986条~1003条)
(7) 寄附行為 (民法41条2項)、

(8) 相続分の指定又は指定の委託 (民法902条1項)
(9) 遺産分割方法の指定又は指定の委託 (民法908条)
(10) 遺産分割の禁止 (民法908条)
(11) 特別受益持戻しの免除(民法903条3項)
(12) 相続人の担保責任の指定 (民法914条)

(13) 遺贈の減殺方法の指定 (民法1034条但書)
(14) 祭祀主宰者の指定 (民法897条)
(15) 遺言執行者の指定又は指定の委託 (民法1006条)
となります。

相続と控除の種類を紹介しましょう

未成年者控除額がその未成年者本人の相続額より 大きくなる場合は、控除額の全額がひき切れない場合も出てきます。

相続人が未成年者や障害者の場合の控除

相続人が未成年者の場合は、相続税の額から一定の金額を
未成年者控除額として差し引くことができます。
控除を受ける条件は以下のすべての条件を満たすことが
必要となります。またその計算式も見ていきましょう。
“相続と控除の種類を紹介しましょう”の詳細は »

« 過去の記事